忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/27 06:37 |
許されざるもの
今日は新聞でも注目してましたけど・・福岡でのあの飲酒事故の判決が出たようですね
懲役7年でしたか

・・・軽いね、鳥の羽のように軽い

あの判決はどう考えても間違いでしょう、危険運転の適用もされていないんですし。
そもそも殺人罪に問われないって事がおかしい
どうあれ危険とわかっている状態で運転して三人殺して二人を暗い海にたたき込んでいるんですから
同情の余地なんてないでしょう?
っていうかこれだけ凄惨な事故を起こしてそれでも危険運転致死にはならないのならこの法律は何のためにあるんでしょうかね・・?
それほど「飲酒運転は危険」というわかりきった事を無視して無謀に運転して事故をしたゲスの命が大切なんでしょうかねぇ・・
少なくともこいつは車を海にたたき落とした後に水飲んでごまかそうとしていたんですから
懲役は7年だろうとも一生苦しんで死んでいって当然でしょうね

ほんと・・、あまり法律にはかじってませんけど、「目には目を歯には歯を」として責任をとるのが一番のような気がしますね・・
人を殺したら自分の命で償うってのはおかしいことなのやら・・
PR

2008/01/08 21:45 | Comments(1) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

…確かに不条理,この上ない判決でしたねぇ…。
弱者を護るべき法律が何上,悪の手先であり,殺人を犯した加害者が何故…。
ぬくぬくと護られているのだろう?…限りなく,護られべき対象が間違っている!

…そして,何を考えたのか知らないが,随分前に無罪を主張してきた加害者。
正直に『何を言っての?』と思いましたね。
己の人生の三分の一程しか生きれなかった子供達の命を奪い,救わず,逃亡した。
………こんなのに救いの手を伸ばす法律は明らかに間違っている。
もし自分の家族が,自分の大切な人が同じ様な方法で奪われたらこの人は同じ様に加害者を恨むか,それとも矛盾過ぎる法を恨むか…。
まぁ,この様な法で生き残っても最早,楽な人生を歩めない事は確実でしょうね。
特に親族関係が限りなく後ろ指を差される事は間違いないでしょう。

遺族は望んだ結果のならなかった為に何れは『仕事人』を雇うかもしれない…。
誉さんの言う通り,某自由戦士の様に『眼には目薬,歯に歯薬っと!』
痛みは等しく…っな。

追伸
E,Sにも『必殺仕事人』が居たらいいなぁ…。
posted by 極夜at 2008/01/12 10:24 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<正月も終わりそろそろと・・ | HOME | スペシャル>>
忍者ブログ[PR]